酒を飲まなかったら調子良すぎて調子悪い 2015年08月19日 解毒日記 トラックバック:0コメント:0

・炭酸水をいっぱい飲んでお腹いっぱいにして酒を飲めなくする作戦。
 アルコールが抜けて体調がいいけれど、良すぎて逆に調子悪い。

・久しぶりに本が読める気分になってきたので、又吉直樹さんの花火とか中村文則さんの教団Xとか
 積読状態だったSF小説などをガンガン読む。
 チャールズ・ユウさんの『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』は、これ、ちょっと反則すれすれの
 内角高め直球だった。生きてること自体がタイムトラベル。

⚫︎

150819yg1.jpg

150819yg2.jpg

150819yg3.jpg

施川ユウキさんの『バーナード嬢曰く』にハマる。

⚫︎

拍手ありがとうございます!

拍手返信>miiverseはあの低解像度感にハマれるかどうかがポイントかと思います。
     絵を描くというより、ドットを置いていく感でしょうか。

150706mii3.jpg

     あと、いかにこう、息を止めて集中するか、という。(いったい、なんの修行なのか)

拍手返信>リクエスト通り、おっぱい関係の健全な薄い本を作る予定です(キリッ

150819yg4.jpg
スポンサーサイト

刺激と感受性の関係に基づいた『禁欲モデル』についての研究 2014年01月11日 解毒日記 トラックバック:0コメント:0

刺激と感受性の関係に基づいた『禁欲モデル』についての研究

新浜大学 先端技術研究センター 情報工学システム
那由他 / 広瀬 共著



1、はじめに

人間社会の進化は娯楽の進化でもある。
演劇、小説、映画、テレビ、ゲーム、インターネット、という風に娯楽は技術革新と共に
『情報量』『情報拡散性』『双方向性』といった軸に対して右肩上がりの進化をしてきた。
今日における私たちの単位時間辺りに処理する情報量は100年前と比較して約50倍の増加を
見せている(出典1) そのような情報量増加は私たちが希求してきたことではあるものの、
実際のところ、私たちの幸福度に対して負の影響があることが明らかになっている(出典2)
このことから、いわゆる『情報疲れ』『SNS疲れ』のような状態が見られており、情報量増加
が単純に良いことではない可能性が高いことが広く知られている。
本研究では上記の問題点を鑑み、そのような情報過多時代に対してどのような姿勢で臨むべきか、
また本来の娯楽の効果を取り戻すためにはどのようにすればよいかを模索するものである。


2、禁欲モデルの実験

娯楽の一つとして『エロ情報』を研究対象とし、エロ情報に対して過敏な新浜大学の
男子学生10人を実験対象として抽出した。
5人にはエロ情報として艦隊これくしょんの薄い本(かなりエロエロ)を大量に供給し、
興奮度を脳内スキャナで測定した。
残りの5人には艦隊これくしょんの絵(あまりエロくない)を3枚供給し、同じく興奮度を
脳内スキャナで測定した。
前者のグループは87%というかなり高い興奮度を示したのに対し、後者のグループは
34%という値となった。(基準として75%を超えたあたりで、男子学生は生理的活性化を
見せる)
この後、この2グループを1週間にわたり監禁し、同様の情報を与え続けた。

その結果、前者のグループにはエロ情報を与え続けたのにも関わらず、初期値の87%に対し、
77%→68%→54%と興奮度の低下が見られた。これはエロ情報耐性が発生したことが理由と
考えられる。被験者のヒヤリングの中でも「飽きた」「あまり興奮しなくなった」「愛宕
だけではなく島風の本も欲しい」などという意見があり、興奮度を維持するためにはさらなる
エロ情報の増加が必要となる傾向が見られた(図3)
後者のグループにはエロくない絵を供給し続けたが、最終日にだけ前者のグループに供給した
ものを同じ薄い本を与えた。結果、30%→32%→100%という値となり、最終日に興奮度の
飛躍的な増加が見られた。100%という値は被験者にとっても負担が大きく、精神状態の異常を
訴える者も発生した。被験者のヒヤリングでは「いきなりエロいのが来たので回避できなかった」
「頭がおかしくなった」「神を見た」「愛宕のことしか考えられなくなった」などと、非常に
過敏な反応が見られた(図4)

上記の実験から、同一の情報であっても入力時状態によっては反応に差が見られることがわかった。
前者は情報耐性が強化されたために反応が悪く、後者は情報耐性が脆弱なために極めて反応が良かった。
後に測定した幸福度においては、後者が高い数字を見せた。
このことから、上記を『禁欲モデル』とした場合、この『禁欲モデル』は幸福度の向上に寄与すると
考えられる。

『禁欲モデル』を食欲、アルコール欲、睡眠欲、承認欲、知識欲、などの各欲望と関連させて同様の
試験を行ったところ、いずれにおいても『禁欲モデル』が幸福度の向上に対して極めて良性の影響を
与えることが確認できた(参考出典5~10)


3、禁欲モデルの応用

禁欲モデルは瞑想や坐禅といった従来から伝わる『生活の知恵』を一般化したものであり、新規性は
ないと考える。そこで、本章ではこの禁欲モデルを応用した人心掌握を臨床する。

初めに、新浜大学の男子学生5人を抽出し、私(那由他研究員)と合コンを行った。
その中で、彼氏になってほしいという旨を伝え、NGと言った5人中3人を監禁した。
理由を聞くと、「可愛いけど性格が怖いと噂で聞いていたから」「彼女がいる」「好みじゃない」と
いうことだった。被験者の3人を各々小部屋に拘束し、1週間の情報隔離を行った。
(食事と排泄だけは許可し、その他の行動は禁止した。)
食事には精力が付くものを供給し、性的感度が10倍になる媚薬を付加した。
5日間は音も光もない状態で隔離を行った。脳内スキャンからは『激しい怒り』『激しい不快感』
『激しい悲しみ』が垣間見え、その感情の嵐が一巡したあとは『激しい恐怖』『死の予感』という
ネガティブな感情が吹き出し、その後に『鬱状態』に到達した。
6日目に私が彼らの前に現れ、こんなひどい試験を行ってごめんなさい、この試験は指導教員に
強要されたものであり本当に申し訳なく思っています、と泣いてみせた。そして、あなたのことが
好きだから特別です、と耳元で囁いて、手で彼らの性欲を処理した。
その後の脳内スキャンからは『極めて激しい快感』『多大な好意』『極めて大きい幸福感』
を検知した。
7日目は拘束を解き、10分程度いちゃいちゃした。

試験後、再び彼氏になってほしいという旨を伝えると、3人共快諾した。
「運命の人だと気付いた」「今の彼女とは別れる」「結婚したい」
とまで評価を上げることが出来た。


4、禁欲モデルのブログへの展開

禁欲モデルをブログ運営に展開できないか、という旨を某ブロガーより依頼されたため、
実験を行った。彼のブログは萌えイラストサイトだが、アクセス数が非常に悪かった。
彼はアクセス数を増やすため、自分の欲望を満たすため、イラストのエロ度を右肩上がりに
高めていた。最終的には『ポテ腹ビッチのアヘ顔ダブルピースふたなり』に到達しており、
過剰すぎて需要がないと見受けられた。

そこで彼にこれから1年はエロを禁止して絵を描くよう指示した。
彼は「それではモチベーションが出てこない」と言うので、監禁し、3日間の
情報隔離を行った。その後、彼にペンを持たせると、「線を引くだけで幸せを感じる」と
いう感想を発した。2日後、彼は手癖でエロ絵を描いてしまうことがわかったため、
彼の片思いの少女を召還し、彼の側に配置した。彼は格好をつけ始め、メカや動物や風景を
描き始めた。(彼の片思いの少女が私(那由他 研究員)になるように、彼の脳内記憶書換
操作を行っている) 彼は私を口説き始めたため、講談社の四季賞が取れたら彼女になって
あげると言った。彼は真面目に漫画を描き始め、その片鱗をブログに載せ始め、一時期の
変態系イラストブログからの転身が話題となり、アクセス数がアップした。
その後、時折エロ絵を載せることで莫大なアクセス数を得ることができた。


5、おわりに

以上から、情報過多時代においてはむしろ情報を極めて絞り込むことで幸福を得られることが
がわかった。
また、昔みたいに楽しめなくなった、という事象については、禁欲的に生活から排除して、
時折ちょっとだけ嗜むと、また昔みたいに楽しめるのではないかと思われる。
総合して考えると、瞑想や坐禅を行う、あるいは、禁欲的な生活を暮らすと、
日々のちょっとした幸せが身体全体に感じられて幸福なのではないかと思われる。

(2014年2月 日本禁欲学会No.7)

二兎追うもの—与作— 2013年12月28日 解毒日記 トラックバック:0コメント:0

131228.jpg

禁酒9日目

禁煙禁煙と考えているうちが一番つらいんだよね、と誰かが言っていた。
禁酒も同じであろう。禁酒カウンターを見るたびに、古傷が痛むのである。



冬型の天気になってきた。冬なので当たり前のことではある。
久石譲の『summer』を練習する。実際の季節と著しく乖離している。
この『summer』のコード展開は「ひぐらしの鳴く頃に」の『you』とだいたい同じであり一石二鳥である。
(どちらにしても実際の季節と著しく乖離している)

社畜コレクション 2013年12月26日 解毒日記 トラックバック:0コメント:0

131226yg.jpg

江戸時代のユグドラシルさん。



禁酒7日目。

体調がとても良くなっている。

朝が辛くなくなった。
朝、すっきりと起きることができた。



常に『改善』やら『効率アップ』やらを考えている人と
大体のものを『まあ、こんなもんでいいか』と考えている人と
どちらが正しいか、未来がありそうか、生存戦略的なのか、
答えはなさそうである。
多様性が大事なので色々な人がいてもいいのでは、と思う。
しかし、会社に所属する人はそういう曖昧さを嫌う傾向にある。
困ったものである。
(なんとなく無理矢理書いた感のある文章)

その音を際立たせる、逆位相の音。 2013年12月25日 解毒日記 トラックバック:0コメント:0

131226.jpg

困った時のための平沢唯さん。



禁酒6日目。

このまま禁酒を続けたい。
『酒』という概念のない不思議な世界観に没頭したい。
 » »