また一から絵の練習。 2009年02月28日 落書き トラックバック:0コメント:0

線が滲みまくるし、ペン先もひっかかりまくる。
本当はSAIのようなシャープな線を引きたいのだけど、なかなか難しい。


スポンサーサイト
関連記事

無印→大往生→大復活→虫姫さま→無印 2009年02月27日 落書き トラックバック:0コメント:0

なんだかんだで、無印怒首領蜂は非常に完成度高い。
セガサターン版もいいけれど、やっぱりアーケード版の気持ちよさは格別なのです。

090227d.jpg
関連記事

絶対に22:30に眠れちゃう、たった一つの冴えたやり方。 2009年02月26日 漫画 トラックバック:0コメント:0

5時に起床して漫画を描けばいいのである。
(3日目あたりで挫折する予感がしないでもない)

090226.jpg
関連記事

猫to猫通信 2009年02月25日 漫画 トラックバック:0コメント:0

N2Nという新しいプロトコル。
(と思ってgoogleで調べたら、既にあった。さすがGAINAX)

090225.jpg
関連記事

扉を開ける者たちの物語 2009年02月24日 漫画 トラックバック:0コメント:0

昨日の夕方、野良猫にチクワをあげたら、めちゃくちゃ喜ばれた。
にゃーにゃー鳴きながら、足元をくりくりされた。
いやー、そうだよね。やっぱり、チクワって美味しいもんね。
(あくまで猫視点)

090224.jpg
関連記事

1秒で簡単イメージ! 5次元物体を脳内に描く! 2009年02月23日 漫画 トラックバック:0コメント:0

無理です。
ていうか、本当に、本当に、無理です。


関連記事

やる夫が毎日練習スレに参加するようです。 2009年02月22日 漫画 トラックバック:0コメント:0

やる夫シリーズは漫画展開のテンプレートとして非常に秀逸。
思わず、だらだらと続けてしまいました。

090222a.jpg




090222b.jpg




090222c.jpg




090222d.jpg




下の写真は2009年に入ってから描いた下書きを床にばらまいた様子。
オパーイ干支漫画の続きが、なぜか4コマ漫画になってしまい、オパーイ的に『その域に達していない』ために、お蔵入りになっている様子も、下の写真から伺えます。
(なにやってんだ)


090222matome.jpg
関連記事

ファイナル学芸会ファンタジー 2009年02月21日 漫画 トラックバック:0コメント:0

あまりにもグダグダなので、青色フィルタを透過してごまかしました。
(そんなんで人間として恥ずかしくないのか)

090221.jpg
関連記事

五万貸してくれ 2009年02月20日 漫画 トラックバック:0コメント:0

『heros』じゃなくて、『heroes』が正解です。
でも、もう文字レイヤーと背景レイヤーがあれでこれで。
(そんなんで恥ずかしくはないのか)


関連記事

史上最悪のキャラクター登場 2009年02月18日 漫画 トラックバック:0コメント:0

本キャラクターを画面内に配置するだけで、背景パースのズレを強調してご指摘さしあげます。
(ご指摘いただいても、直せる画力がありません)

090218.jpg
関連記事

ジョンレノンvs火星人 2009年02月17日 漫画 トラックバック:0コメント:0

っていう小説がありましたよね、確か。
(何をいきなり)

090217.jpg
関連記事

お前は小川雅史か。 2009年02月16日 漫画 トラックバック:0コメント:0

――という突っ込みにした方が良かったかなあと思ったものの、既に文字レイヤーは背景レイヤーに結合されていたのだった。
(非常に便利な言い訳を発見してしまった気がする)

090216.jpg
関連記事

そ、そんなレイヤー結合しちゃうの? 2009年02月15日 漫画 トラックバック:0コメント:0

焦って、しちゃった。
(線が凄くボケまくった)

090214.jpg



しかも、9円じゃなくて、11円だった。
(レイヤー結合したから直せない)
関連記事

「守るべき世界は既に無い。」 2009年02月14日 文芸(長文) トラックバック:0コメント:0

この世界が美しいのではなく、宮崎駿が見て考えて描いた世界が美しい。
この世界が色調豊かで艶やかなのではなく、新海誠が見て考えて描いた世界が以下略。

本当のこの世界は美しくもなんともなく、物体が物理法則に従って移動・変換しているだけだ。



――今、私の眼下に広がる状況を文章で表現するのは趣味が悪い。
それでもあえて簡潔に記すとすれば、『悲惨な人間たちの末路たち』であろうか。

私は今、事件現場に来ている。
まだ私以外の人間は到着しておらず、現場は彼らの腐敗が進行している以上の変化はない。
『騒動』と表現される緊急出動の割には、あまりに静的な情景ではある。

そもそも今回の騒動は、通報を受けて所轄の人間が駆けつけ、そのあまりのひどさに半分狂乱して上司に連絡したことから始まっている。
一般人の第一発見者(通報者)よりも、その道のプロである警察の方が先に精神崩壊してしまったというのは、中途半端に知識と経験を積んでしまった人間の弱さとも言える。
あるいは、あまりにひどい風景に、第一発見者の心のスイッチが切り替わり、精神が夢遊状態に陥ったのかもしれない。とすれば、やはり、精神的ダメージが大きいのは、第一発見者の方なのかもしれない。

続きを読む
関連記事

※本当に神ゲーです。 2009年02月13日 落書き トラックバック:0コメント:0

処理オチすら演出に昇華した、まさに神ゲーの中の神ゲー。


関連記事

指なめプレイ 2009年02月12日 漫画 トラックバック:0コメント:0

自分の漫画は文字数が多過ぎるような気がしなくも無いという認識はいつも通低音として存在している。
(ていうか、言い回しがくどい)


関連記事

excelで簡単計算! あなたの人生設計! 2009年02月11日 文芸(長文) トラックバック:0コメント:0

ここはいったい、なんのブログなの……という自問自答は常に心に常駐している。
テーマがはっきりしない、ごちゃごちゃしたブログはだめですよ、といった話は一般的ではある。

しかしながら、絵もだめ、漫画もだめ、文章もだめ、内容もだめ、そもそも、中の人がだめ、という5重苦を初期条件として背負っている時点で、どうあがいても良いブログには到底なりそうにない。
なので、開き直って堂々とごちゃごちゃすることにする。



exceはl表計算ソフトの代表的なものである。
本項では、このexcelを用いて、人生設計を行うことがテーマとなる。
(もちろん、計算できればなんでもいいので、普通の計算機でも問題は無い)

内容は簡単かつ、単純である。
人生設計の材料として、人生の固定費を計算するというものである。

今、20歳であるとする。とりあえず、85歳まで生きると仮定する。
すると、人生の残りは65年である。

初めに衣食住から考える。
(下記の数字例は私の場合であり、一般的な数値では無い可能性がある) 続きを読む
関連記事

例え、後退しているように見えても 2009年02月11日 文芸(長文) トラックバック:0コメント:0



昨日(090210)、名古屋市において、『ほんわか猫@40000日目』さんの慰労会が開催された。
状況としては、下記の通りである。

(1)ほんわか猫@40000日目さんが毎日練習スレに絵を投下。
(2)その後ろのみんなが、「40000日目おめでとー」「感動した!」「おつかれさまー」「ちょ……、110年間続けたってこと?」などと『ほんわか猫』さんに声を掛ける。
(3)しばらくして、ほんわか猫@40000日目さんが、「みんなありがとう。でも、俺、本当は今日が初カキコなんだ」と書き込み。
(4)確かにその通りだったので、みんな、もにょる(口元をωにする)。
(5)『ほんわか猫』さんが続ける。
   「でも、俺、嘘をついているわけじゃないんだ。俺、未来から来たんだ。正確に言えば、俺は1990年生まれで、今は、19歳なんだけど、ずっと絵を描いていて、いったん2045年まで描き続けたんだ。そこから時間の流れを反転させて、でも、逆再生のようにして絵を描き続けた。だから、今、この段階では、実際には、絵を描き始めたばかりだけれど、練習時間としては40000日目に突入したんだ」
(6)……まあ、そういうこともあるのかな、いやいや、ねーよ、と各々思いながらも、みんな、もにょる。
(7)『ほんわか猫』さんはさらに続ける。
   「俺の絵は稚拙に見えると思う。でも、40000日目になっても絵が描けるのは俺だけだとも思う。だから、今夜は俺を囲う会というのを開催させて欲しいと思う。みんなの居場所は全国各地に散らばっていると思うので、わかりやすく、日本の中心、名古屋でやらせてほしい。場所はもう取ってある。名古屋駅前の居酒屋『なごや』で20時スタートでやらせてほしい。飲み放題2時間4000円コースで予約した。『ほんわか猫慰労会』という名前で予約してあるから、現地集合でお願いしたい」
(8)無茶言うな。
(9)「不参加の人は社会人らしくきちんと連絡して欲しい。キャンセル代の請求書を送り付けたいと思う」
(10)そんなドMな社会人なんていねーよ。

――ところが、ちょうど私は名古屋駅にいたのであった。
時刻は20時10分。
仕事も終わり、これからホテルで一泊寝てから新浜に帰ろうという、そんなときに、私はその書き込みに気付いた。

続きを読む
関連記事

自分の漫画創作限界を突破するための7つの考え方(案) 2009年02月11日 漫画 トラックバック:0コメント:0

『自分じゃ絶対に描けないけど、プロい人ならこんなのも描けちゃうんだろうな』という下書きを描いておいて、後日、無理矢理、涙目になりながらも強引に自分で描いてみる。
――よし。新スレはこの方法論で漫画を描いてみよう。
(残りの6つはどうした)


090211.jpg
関連記事

基礎研究が終わらない限りは、全くコストダウンにならない。 2009年02月10日 動画研究 トラックバック:0コメント:0

今のところ、赤字を垂れ流しております。

↓flash動画は追記に移動しました。
続きを読む
関連記事

オブジェクト数と労力が綺麗に比例する。 2009年02月09日 動画研究 トラックバック:0コメント:0

テキスト分割を頑張ると、それだけで作業量が凄いことになる。
うーん。

↓flash動画は追記に移動しました。 続きを読む
関連記事

第3四半期業績説明会でいぢめられた。 2009年02月08日 漫画 トラックバック:0コメント:0

とかいう脳内の葛藤は置いておいて、動画研究カテゴリの動画はみんな追記に移動しました。
なぜなら、重たくて自分のパソコンで自分のブログが見れないからです。
(非力過ぎるにも程がある)


関連記事

とりあえずflashの勉強 2009年02月08日 動画研究 トラックバック:0コメント:0

難しい。
というか、かなり難しい。
左手で絵を描いている気分に近い。

↓flash動画は追記に移動しました。
続きを読む
関連記事

とりあえず動画研究 2009年02月07日 動画研究 トラックバック:0コメント:0

……漫画とも高コストな動画創作とも違う、全く新しいことをしようにも、なんだかんだで基礎力が全然ないので、とりあえずは単純なGIF動画から始めたいと思う次第です。
(朝令暮改過ぎるにも程がある)

↓GIF動画は追記に移動しました。 続きを読む
関連記事

毎日練習スレの行き着いた場所【長文注意】 2009年02月07日 文芸(長文) トラックバック:0コメント:0

任天堂の岩田社長が『ブルーオーシャン』という単語と共に、今後目指すべき経営方針を壇上にて発表した、その光景を今でも鮮明に思い出すことが出来る。
マイクロソフト、ソニーが当時のPCを遥かに超える高性能ゲーム機のプロモーションに踊り狂っていた時の話である。

ゲームの画面はフォトリアル方面への進化に向かって、莫大なコストを垂れ流しながら突き進んでいた。
画面だけでなく、内容もまた、複雑化と緻密化を指数関数的曲線を描いて撥ね上がる。

エンディングのスタッフロードが映画並みの長さになっていく。
そんなゲームが、テトリスと同じ程度の値段で売られていく。

『制作期間5年、制作費180億円』のゲームと、『制作期間4ヶ月、制作費400万円』のゲームが同じ値段で売られていれば、内容はともかく、誰もが前者のゲームを買うに決まっている。
お得感が全然違うからであり、実際、前者のゲームの方が後者のものより、何百倍もリッチなゲーム体験が出来そうであることは想像に難くない。

低予算で作られたゲームは、画面を一目見ればわかるようになっている。
センスでカバーできたのはスーパーファミコンの時代までの話である。
画面のリッチさは、単純にオブジェクト量だけの問題ではなく、その種類と見せ方の多様性から滲み出るもの。
かといってフォトリアルから逃げれば、もはやそれだけでリッチさからは遠ざかる。
(この場合のフォトリアルとは、人間のモデリングがフォトリアルか否かのことではなく、画面全体の見せ方としてのフォトリアルさのこと)

市場が巨大化すれば、180億円など簡単に回収できる。
だから、次は200億円を掛けてゲームを作る。
ゆえに、そのような巨大な資本が無い中小企業は太刀打ちができない。
開き直って携帯電話アプリゲームに逃げても、またそこも地獄であり、残酷な最期を迎えるのみである。

――だからこそ、任天堂はあえて、当時の流れから外れたwii、DSを作り、その過当競争(レッドオーシャン)から逃げ出した、という美談は実感も出来てわかりやすいが、少し奇麗事過ぎる話ではある。
岩田社長の言う『ブルーオーシャン』も、その程度の深さしかない言葉では、勿論、無い。



上記の話を毎日練習スレの例え話にして再度考えてみる。


続きを読む
関連記事

漫画の字がでかい3つの理由。 2009年02月05日 漫画 トラックバック:0コメント:0

携帯でも閲覧できるサイズを考慮してみました。
……それだけです。
(残りの2つはどうした)

090205.jpg
関連記事

目を瞑って本棚に手を入れて 2009年02月04日 模写練習 トラックバック:0コメント:0

掴んだ本を模写する会の会長に就任しました。
ヨルムンガンドの模写が全然上手くいかなかったので後日再挑戦したい。

090204.jpg
関連記事

一般カテゴリーだから恥ずかしくないもん 2009年02月02日 漫画 トラックバック:0コメント:2

――とかいうのはさておき、今更ながら気付いた。

昨日考えた計画は絶対に上手くいかない。

なにせ、20分じゃ御飯作る暇もない。
(22:30に寝れる日はいつになったら来るのでしょうか……)

090202.jpg




いつも通りに毎日練習スレ参加絵師のブログを巡回してたら、もーpさんのブログのところで突然ブラウザが落ちた。
もっと真面目に絵の練習をしなさいという啓示なのかなと思った。
(低性能なPCゆえに初音ミクにみっくみくにされた可能性も否定できない)

090203.jpg


関連記事

もはや漫画になってない。 2009年02月01日 漫画 トラックバック:0コメント:0

よくわからない表現方法になってきました。
(それ以上に、話の内容が全然わかりません)






【090201の脳内フロー】

新浜駅バスセンター前から5分歩くと新浜図書館に着く。
その図書館は1年前に出来た新しい建物であり、外観も今風な洗練されたデザインとなっている。
蔵書数はまだ少なく、近隣の図書館から寄贈された古い本と、新規購入した新書が入り混じっていて、品揃えが悪いながらも、ある意味新鮮で面白い。
市営ながらも運営は民間に委託されており、管理とサービスは過剰すぎるほど申し分ない。

私は週末になる度に新浜図書館に行って、7冊の本を借りるのを習慣にしている。
借りた本は毎日1日1冊読む。正確言えば、読むというよりかは、ぱらぱらと捲るだけといった感じに近い。
面白そうなところだけをじっくり読んで、終了。
これでも年間365冊しか読めないというのが恐ろしい事実ではある。

新浜図書館には読書室があり、そこでは無線LANが使い放題となっている。
新浜市民であることと、無線LAN使用登録者であることを唯一の条件として、どんなことをしてもいいという名目となっている。
実際には、MMOや、オンライン麻雀や、変なサイト訪問はフィルタリングで弾いており、後でこっそりと怒られるシステムとなっている。
私もFF11のパッチ当て作業をしていたら、突如回線を切断されて、2分後、肩を叩かれた。

「ゲームはやめてください。それ以前にeeePCでFF11やると他のプレイヤーに迷惑だと思います」
「ちょ……パケットのヘッダー解析しちゃだめ……」

しかしながら、あくまで健全な使い方をするのに留まれば、これほど快適なネット環境は他になく、重宝している。

さて、突然、話は変わる。
(長文なので、以下は追記扱いにしました)


続きを読む
関連記事