何がメイドさんをそうさせるのか。 2009年10月31日 日記 トラックバック:0コメント:0

091031h.jpg

そふえさんの真似をして、私も禁欲生活に入ることにします。

(1)えろ情報入手禁止→主にインターネットを制限する。(毎日練習スレとその絵師様サイト以外見ないことにする)
(2)お酒禁止→無理矢理飲ませられるもの以外は一切お酒を飲まない。
(3)2ch禁止→ニュース関係板も禁止

以上の禁欲で蓄積される欲求不満を全て漫画化することで一石二鳥になりそうな気がしなくもない大作戦。
(というか、ちょっと前にもそんなこと言って速攻で挫折したことがあったような気がしなくもない)



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>胸の谷間に付着したヨーグルトは後でちゃんとおいしく頂きました。
……でも、正直なところ、胸で挟んだまま射精されちゃうのが、大好きなのです。
(文章としては1行目と2行目の整合性に問題がある)
スポンサーサイト
関連記事

行為自体は好きじゃなくても身体は正直なメイドさんなんて好きでも嫌いでもない。 2009年10月30日 落書き トラックバック:0コメント:0

091030p.jpg

お願いされると嫌とは言えないメイドさんなんて好きでも嫌いでもない。
(※決して非健全な事をしている絵ではありません)



拍手ありがとうございますー。
関連記事

今日の多間接ロボットさん 2009年10月28日 落書き トラックバック:0コメント:0

091028meka.jpg

一見、無駄が多いように感じられますが、実際、無駄が多いです。
(一見、日本語がおかしいように感じられますが、実際、間違えてます)



拍手ありがとうございます!

拍手返信>描いてるほうも癒されました。(手間が掛からないという意味でも)
……正直、忙しすぎて心に余裕が無くて手抜きばかりですいません……
これから、もっと手を抜かないとやっていけませんので物凄く手を抜くかもです。
(別に遠回しにセクハラ発言しているわけではありませんw)
関連記事

BD・DVD版を購入いただくと、ちゃんとしっかり見えます商法。 2009年10月27日 落書き トラックバック:0コメント:2

091027ren.jpg

昔に描いた絵を使ってハレーション処理の練習。

091026tuioku.jpg

こういう風にグラデーション使うのも面白いかも実験。

091027neru.jpg

こういう風にグラデーション使うのも面白いかも実験その2。




拍手ありがとうございます!

拍手返信(1)>うさぎファイターズのゲーム化プロジェクトは自分の中では既に始まっているのですが、実際問題、どのようにipodTouch上で格闘ゲームをやらかすのが一番いいのかが非常に難しく、悩んでいるところであります。
(プラットフォーム選択の段階で既に間違えている)

拍手返信(2)>うさぎダルシムってなんですかw
来年は、みんなで合同同人誌を作って物議を醸すのもいいんじゃないでしょうかw
正直、あなたやみんなの絵があれば普通に売れると思ってますし。
私は巻末で道満晴明的な漫画が描ければそれで十分ですw

関連記事

獲得したアビリティ:『その場しのぎLv.2』 2009年10月25日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091025yg.jpg




091024dot.jpg

困った時のドット絵進行。



拍手ありがとうございますー!

拍手返信>自分の中の『毎日練習スレ絵師漫画』っていうのは、ネギま+絶望先生+幕張+カイジ+エロ漫画なイメージなんですがそれでもいいんでしょうかw
ちなみに、12月末まで忙殺され続けますのでそこまでは私の『その場しのぎアビリティー』を鍛え続ける感じになりそうです。
あと、胃よりも十二指腸あたりが痛い感じですw
お互い無理しないようにして頑張りましょうね。
お互い余裕が出来たら合作漫画を作りましょうね。
(いきなり斜め上に球を投げる練習)
関連記事

時には立ち止まるのも。 2009年10月23日 日記 トラックバック:0コメント:0

091021nana.jpg




私はいつも本当の事を書こうと思うのだけれど、なかなか書けないでいる。

勿論、空が青いとか、猫が可愛いとか、誰もいない公園で子供がブランコに座っていて、それがなんかの映画のワンシーンみたいで心に残ったとか、そういう事を書こうというつもりは全然無い。
鳩山内閣がどうだとか、それに付随した形で繰り広げられるマスコミのアクションがどうだとか、英国のマスコミも大したレベルじゃないとか、そういう事も書く気は無い。
任天堂のスーパーマリオが3Dになって、得たものもいっぱいあったけど、失ったこともそれと同じくらいあって、結局は進化に至ってないんじゃないかなあとか、弾幕STGメーカーのCAVEが斜め上に先鋭化していく様子を見て将来を案じるも、もしかしたらそのような狂気じみた『特化』でしかユーザーの興味が引けない程度にまで煮詰まりつつあるのかなあとか、そういう事も書く気は無い。
そんなことを書いてあるブログは星の数ほどあるし、私の何百倍もの思慮深さと知識と感性で描写されたそれらの背後をぼてぼてと追う気にはなれない。
私に残された時間は極わずかでしかなく、歩きつくされた語りつくされた手垢にまみれたそんなルートを素直になぞっていくつもりなど毛頭無い。

勿論、それは趣味の問題に違いない。
例えば、こんな小話で思考実験をしてみるとわかりやすいかもしれない。

犬小屋を作るために、設計図を作り、ホームセンターで木材とノコギリと釘とトンカチを買ってきて、休日を費やして腕を振るう。
犬が喜ぶか「え?」と思うかは別として、それもまた有意義な時間に違いない。
それに対して、同じくホームセンターに行き、犬小屋を買って帰って玄関先に設置するだけの人間も存在する。
これもまた犬の反応がどうかは別として、ひとつの有意義なアクションに違いない。
犬小屋を作らないという選択肢も存在しうる。
その場合、犬の居場所はソファーの上になり、あるいは新聞の上になる。
いずれにしても、彼らはお互いに如何様にも難癖を付けられるし、あるいは褒めちぎることもできる。

上記のケースで問題になるのは、やたらに声の大きい人間がいる場合に発生する。

「犬小屋は手作りするべきだ。それを怠るものはダメ人間だ」

その無価値な発言が大音響で発された時に、人の心が動く可能性がある。

「下記の学術的な観点から、犬小屋が自作するべきと判断する。
(1)犬小屋は犬のサイズ、年齢、性格に応じたものを作るのが好ましい。
(2)市販されている犬小屋は工場で作られているものであり、本当の意味での品質が懸念される。
(3)手作りの感じが犬の精神安定に好ましい。
(4)犬小屋の自作は頭の体操、運動不足の解消に繋がる。
(5)犬小屋の自作を通じて、犬とのコミュニケーションが図られる。」

そのうち、教科書にも載り始める。漫画のネタにもなる。
政治家も犬小屋を作り始める。
犬小屋自作が常識になり、犬小屋を作らないという選択肢が消失する。

なんだか、変な話だ。
星の数ほど人間がいれば、星の数ほどの選択肢が存在する。
犬小屋を作らないのはダメなどという論理は存在しない。
いや、存在してもいいが、真実ではない。

なんだか妙な文章になってきたので話題を変える。

漫画を描きたい。
描きたいなら描けばよいではないか、ほら、紙とペンをやるから、などと言われて、すらすらと描き始めてしまえるほど人間は単純ではない。
将棋盤と将棋のコマを渡されて、はい、将棋を楽しんで、と言われても、正直なところ、全然楽しめないのと似ている。
おそらくは、漫画を描くにも将棋を考えるにも戦略が必要だ。
戦略が無いとただの時間の浪費になってしまう。

私は出来るだけ楽をして漫画を描くための方法をいつも考えている。
方法論は自分の中には既にある。
その方法論は2つの種から分岐している。
一つ目の種は、
『PS3やXBOX360の画質じゃなくてNDS画質で何が出来るかを考える』
二つ目の種は、
『作画補助ツールを最大限に活用して楽をする』

私は絵が描きたいのではない。
私は漫画が描きたいだけだ。
飛び散る金属破片なんて物理演算してパソコンに描かせたい。
例えばの話になるが、新潟市と佐渡市の間には海があり、その海を横断して結ぶ橋が現在存在する。

その橋は長い。
長いが構造は地味であり、ひたすらに鉄筋が縦斜めに絡み合っている。
それらを漫画のコマに収めるために、一本一本鉄筋を描いていくのは大変な作業に違いない。
その大変な作業自体と作り上げられた作品は『高尚な芸術』そのものになるかもしれない。
この場合、漫画が高尚であり芸術である必要があるかどうかは各人の判断に委ねられる。
私個人としては漫画はお手軽な表現ツールでしかないという認識なので、CGを使用したい。
画面レイアウトをCGで検討して、それをそのまま出力して終わりにしたい。
いやいや、でも実際問題、漫画を3DCGで描いてしまうと絵的に全然面白く無くなる、という意見も存在しうる。
人間の目、人間の視覚的な認識というのは面白いもので、CGとそれ以外をしっかりと見分けることが出来る。
しかしながら、あまりにも情報量が多すぎると、その振るい分けを放棄する性質もある。
あまりにも情報量が少ない場合もその傾向がある。
中途半端な情報量のとき、人間の目はCGと手描きをしっかりと判別する。
漫画は基本的に中途半端な情報量になる。

――もしかしてこの文章を書いている人は現在進行形で酒を飲みながらこんなだらだらとした文を書いているのではないかという疑問を持つ人もいるかもしれない。
そうあなたが思い至る根拠はいくつかあるが、その中で最も有力な論拠としては『誰がこんな文章で得するの?』ではあるまいか。

その問い掛けに対する明確な答えは1つだけ存在する。
だけれど、それを素直にここに記述して得する人はあまりいない。



風呂から上がって、まったりとしながら文章の続きを書き始める。
この文章はipodTouchを使用して書かれている。
何を使用して書かれていようが全然関係無い、という意見はもっともである。
コミスタで描かれた漫画と筆ペンで描かれた漫画に優劣がある道理はない。
20年前のパソコンで作られたCGと最新のワークステーションで作られたCGとで同じφ50の高さ100の円柱をレイトレしたところで、計算式と解像度が同じであれば、得られる画像は同等である。
コストと処理時間という点においては話が変わってくるが、それは今回の論点とは異なる。
書いているのが私であれば、それがペンで書かれていようとipodTouchで書かれていようと結果は同じであり、違うとすればそれは気分の問題である。

私はまともな日記を書こうと考えている。
まともな日記はまともな文体によって書かれると考えている。
まともな日記によって、まともなブログが実現されると考えている。
しかしながら、今の時点で、このような文章が先行している時点でまともなブログには成り得なそうな予感がしないでもない。
だけれど、私は盲目的に理想的な未来を追求したい。
諦めなければ、いつかは成し遂げられるのだと信じたい。
今の一秒前まで、ダメなブログそのものであろうとも、今からでも少しでもよくしていければなんとか挽回できるのだと思いたい。

いつも同じ風景を私は見ていた。不思議と飽きなかった。いつも同じ事を考えていた。飽きることがなかった。不思議な感じがした。私は私の飽き易さを良く知っている。どんなに待ちわびたゲームも3日で飽きた。映画を見ながら寝るのが私の特技であった。少し話は横道に逸れる。小学生の頃の話をする。終わらない物語などというものが存在するかどうか、当時、私は考えていた。考えていた、というのは正直、嘘になる。そのような問いが自分の中に生まれた瞬間に、答えもまた自分の中には生まれていたのだった。終わらない物語は存在するか?存在する。それは何か。どのような形態を持つか。答えは単純であり、特に奇抜なものでもなんでもない。それは自分で作り上げた物語であり、形態は特に問われない。自分で作った物語は終わりが無い。何を当たり前のことをと言われるかもしれないが、そこには不思議な高揚感と寂寞感が並立する。自分で物語を作れば、当然、終わりは無い。だけれど、一人でじゃんけんをするようなもので、自分にとっての意外性などは存在しない。どのようにすれば、自分で自分の物語を楽しめるのか。その問題を解決するのは難しい。一人じゃんけんをどうすれば楽しめるのか。今、私が思うに、やはり、一人じゃんけんには限界がある。ゆえに一人じゃなければいい。新聞を見る。新聞の情報量は侮れない。様々な物事の断片が切り取られて紹介されている。勿論、紹介しているのは人間であるからして、そこにあるのは人間の声だけだ。その認識を忘れてはいけない。恣意的に切り取られた物事の姿を飲み込んで、私は妄想する。人間が面白く思うのは、やはり人間自身のことなのかもしれない。人間以外のものを見ても、それを人間に置き換えて認識する癖が人間には存在する。
人間は物語がなくては生きられない。物語という言い方が気に入らなければ、論理という言い方に変えてもよい。『フロー』でも『考え方』でも何でも良く、結果として、物を語ることが出来れば何でも良い。物を語るということは物を見るという事に等しく、そういう意味で私は新聞をよく読む。新聞。新聞をよく読むという言葉に嫌悪感を持つ人もいるかもしれない。テレビ、新聞、雑誌、それらの前時代的なメディアに嫌悪感を持つ人もいるかもしれない。無論、その判断を私は肯定も否定もしない。私は何事においても否定も肯定もしない。肯定とか否定とか関係無しに、私は新聞のテキストを読み、妄想する。ひとつひとつの事件の現場の空気を妄想する。それだけで心が揺れる。心が揺れる瞬間だけを希求する。心が揺れる物語だけを希求する。

何の意味があるのか?
何の価値があるのか?
ブログを続ける人間にはいつも付き纏う責め台詞。
何かを成し遂げようとする人は、その何かにたどり着いた瞬間に燃え尽きはしないか?
私が子供の頃、とっても好きだった漫画家がいた。
どの本屋に行っても、彼の漫画は売れ筋だった。
カラフルな背表紙だったので、すぐに見つけることが出来た。
彼の代表作はアニメになり、映画になり、ゲームになった。
今、彼は何をしているか。
wikiに全てが載っていた。
彼は生まれ育った実家に帰り、家業を継ぎ、静かに暮らしている。
漫画はもう描いていない。
商業漫画市場に彼の居場所は無い。
絵柄も古く、漫画の流れも古い。
そもそも、彼にはもう漫画を描こうという気持ちがなかった。
貯金もさほど無かった。
放蕩息子が実家の家業を継ぎ、地味に暮らしているに過ぎない。

彼の中に、物語は今も存在しうるか?
何を描いても、昔、自分が描いた絵の劣化コピーになってしまう。
新しい絵なんて何一つ描けない。
新しいキャラクタなんて自分の中にはいない。
新しいキャラクタを作ろうという気持ちもない。
キャラクタを作るなどというのは戯言に過ぎない。
既に形作られ、構築されつくされた世界は、解体する余地が無い。
常に拡張という形で、現実世界へと侵食していく。
自分で作った物語が現実を覆い隠していく。
その瞬間、物語は終わらなくなる。
現実の情報を吸い込んで、物語は拡張される。
彼の世界は既に物語に侵食され尽くされている。



091020usa.jpg




091022nagi.jpg




091023ham.jpg



拍手ありがとうございますー!

拍手返信>あのスレの人はみんなキャラが立ってるので面白い漫画になりそうな気がするんですよね。
……誰か描いてくれないものでしょうか?
みんな真面目に絵の練習をしている中、雑な漫画絵を描いていて申し訳ないような気持ちなのですが、これからもひっそりと続けていきますのでよろしくお願いしますー。

関連記事

負荷が高い場合はダイナミックに描画処理をスキップする。 2009年10月19日 落書き トラックバック:0コメント:0

091019nagi.jpg




091018nana.jpg

とりあえず、忙しいときはキャラクタ頂点数と背景をカットして、それでもダメなら解像度を落とすのが定石。
(たった今、『基礎画力が無い癖に言い訳がましいにも程があるブログ』にランクアップしました)



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>たゆんじゃなくて、むにゅんも好物なのです。(キリッ)
いやー、私も本当に毎日練習スレの絵描き様達への片想いはつのるばかりなのですよ。
正直、ひとりひとりを擬キャラ化して漫画にしたいくらいですw
お互い無理しない程度に頑張りましょうね!
関連記事

Spectrum 2009年10月17日 落書き トラックバック:0コメント:0

091017nana.jpg

この極端な性格の目つきの悪い少女が本ブログ漫画の主人公だということを知っている人は少ない。
(描いてる本人も忘れている)



拍手ありがとうございますー!

拍手返信>自分でもびっくりのカラー漫画化ですw
ニコ生チャンネル化するのも案外近いかもしれませんw

関連記事

フライデーモーニングゲームマニアックス6 2009年10月16日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091016fmgm.jpg



091016meta.jpg

絵は描きたくないけど漫画が描きたい。
(そんなことばかり言ってるから画力劣化が激しい)



拍手ありがとうございますー!
関連記事

シャフト演出を漫画に出来ないか実験。 2009年10月14日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091014mono.jpg

漫画がアニメ絵コンテになっちゃダメというルールなどない。
(開き直る)



拍手ありがとうございます!
関連記事

酩酊状態で作画崩壊 2009年10月13日 落書き トラックバック:0コメント:0

091013raku.jpg

作画崩壊してはいけないというルールは無い。
(開き直る)



拍手ありがとうございます!

拍手返信>パクってすいませんw
推測された通り、最近、忙しさに負け気味でして、もう私はだめだめです。
(あっさり)
でも、だめだめなりにだめな絵を描くのも面白いかなという思いもありますので、これからももし暇がありましたら一言頂けると嬉しいですー。
関連記事

munekaku 2009年10月12日 日記 トラックバック:0コメント:0

091012kouza.jpg

※この描き方で漫画を描くと、『この作者はおっぱいフェチだな』と一発でばれますので使用にはご注意ください。



拍手ありがとうございます!
関連記事

洞窟物語 2009年10月11日 落書き トラックバック:0コメント:0

091011mono.jpg

今のところ、お金が無さすぎて、自転車操業な日々です。
(世界樹の迷宮でもワープア)



拍手ありがとうございますー!

拍手返信(1)>感想ありがとうございますー。
ゲームでも漫画でも小説でも映画でも何でも、いったい何回世界を救えば気が済むのかという思いもありますよね。
これからも漫画は描いていきますのでよろしくお願いしますー!

拍手返信(2)>うさぎの口は私も好きですね。
うさぎの顔は下から煽り気味に見ると、結構変な顔なんですが、その変な感じが好きです。
あと、フモゲマは描くのが楽なのでこれからも懲りずに続けます。
(身も蓋も無い)

拍手返信(3)>ついに私もフィギュア造型師として、第一歩を踏み出せたということでしょうか。
背景の絵は全然凄くないんですよ。
下書きの青線も清書の黒線も両方ともパースが狂っているのでもうどうしょうもないです……
関連記事

チャーハンをおかずに白米を食べる。 2009年10月10日 日記 トラックバック:0コメント:0

091010pic.jpg

実写背景+手描きキャラという手法に憧れる。
その先は当然、実写背景動画+手描きキャラとなる流れ。




とりあえず、うさぎフィギュアを作成する。
(※紙粘土製です)

091010jisaku.jpg

せっかくなので、モデルの写真も。

091010usa.jpg




そして始まるいつものぐだぐだ4コマ。

091009nagi.jpg

まだまだ続く、ぐだぐだ4コマ。

091010fmgm.jpg




拍手ありがとうございますー。
関連記事

心に余裕が無くなると、4コマ漫画しか描けなくなる症候群 2009年10月08日 日記 トラックバック:0コメント:0

091007nana.jpg


091008yg.jpg

忙殺されて焦燥感とストレスで頭が真っ白になる瞬間にハァハァしてしまう症候群も併発。
(ただのドMです)




拍手して頂いて本当にすいません。(ついに謝るに至る)

拍手返信>こう、常に『おあずけ』状態ってのが大事なんだと思います。
(ただのドMです)
そうそう、お尻の描き方講座ごちそうさまでしたw
関連記事

教えられることなど何一つ無かった。 2009年10月06日 落書き トラックバック:0コメント:0

091007kouza.jpg

むしろ、うさぎの描き方を教えてください。
(逆指名)




091006mono.jpg

むしろ、漫画の描き方を教えてください。
(かなり切実)




拍手ありがとうございます!

拍手返信>それを我慢するってのも、気持ちいいんですよ?
(※非常に健全な会話をしております)
さあ、あなたもうさぎを描いてくださいw
関連記事

今日は頑張らない。 2009年10月05日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091005mono.jpg

戦略的に頑張らない。




拍手どうもありがとうございますー。

拍手返信>……あ、あんまり出しちゃだめですよ?
(何この変な会話)
ついに私の唯一の得意分野、うさぎ絵講座を始める時が来ましたかw
関連記事

ペン入れ修行始めるも、全体的に絵が白っぽくなって思わず涙目。 2009年10月04日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091004mina0.jpg

そこで始まるトーンの多用。
(しばらく、こう、なんとも言えない微妙な感じが続くかもしれません)

【追記】
……あれ?
なんか、最後のコマのキャラが藤島康介の描くキャラに似てるような気がする。
テイルズオブなんとかのキャラにこういうキャラがいるような気がする。
しかしながら、ぱっと色々調べてみると、全然そんなことはなかった。
(藤島康介の描く『目』に比べて自分の『目』は情報量が少なすぎる)
……でも、ぱっと見、既視感がある。
うーん。
気になる。
気になりすぎる。



拍手どうもありがとうございますー!

拍手返信>……も、もしかして、白いの、いっぱい出しちゃうんですか?
(ものすごいセクハラ発言をしてみるw)
私の描くうさぎは妙にリアル指向なのであんまりかあいく無いですけど、
何卒よろしくお願いいたします。吊らなくちゃいけないのは私のほうです。
関連記事

ペン入れでダイナミックに線数を減らすテスト 2009年10月03日 日記 トラックバック:0コメント:0

091003mo.jpg

091003yg0.jpg

091002nana.jpg

私の絵柄だとペン入れしても線が減らないことがわかった。



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>おしりが好きなあなたのために、今回はデータ原寸大でおしり部分を貼りましたのでどうぞw
気にせずに、これからもどんどん書いてくださいねー。
そして、月刊うさぎ通信の定期購読フォームはこちらからになります→●
関連記事

白い変なのを上からかけてみた。 2009年10月01日 落書き トラックバック:0コメント:2

091001yg.jpg




091001usa.jpg

どこへ向かおうとしているのか。



拍手ありがとうございます!

拍手返信>いつもどうもありがとうございますー。
お互い過労死しない程度に頑張りましょうw
関連記事