2つの方向から世界を救おうとする少女 2009年12月24日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091224nana.jpg

FF13もMW2も、結局は世界を救えてないあたりがちょっと興味深い。



拍手ありがとうございます!

拍手返信>ちょッ……まだまだ死んでないです!
でも、ほぼ死んでます。画面真っ赤状態です。
(FPS的な表現で)
スポンサーサイト
関連記事

清濁併せ呑む少女 2009年12月16日 日記 トラックバック:0コメント:0

091216i.jpg



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>ちょッ……セクハラ過ぎる!
そんなことして欲しくて描いたんじゃありませんから!
(今更ながら世間体を気にしてみるw)
ていうか、画力が無さすぎてすいませんでした。
これから修行を積みますのでまたひとつよろしくお願いします。
あと、ご指摘の通り、ふたなりかもしれません。(色んな意味で)
関連記事

少女りはびりてーしょん 2009年12月13日 日記 トラックバック:0コメント:0

091213mono.jpg

色んな意味でなんか今ひとつな感じ。
とりあえず、借りてきた本を読み耽ることにするのだった。



拍手どうもありがとうございますー。
関連記事

手を使わないでメイドさんを躾ける少女 2009年12月13日 落書き トラックバック:0コメント:0

091213yg.jpg

ばーるんさんのリクエスト絵です。
キーワード『おしりとおっぱい。ユグがあんなことやこんなことに』

※健全なおしり叩きの絵ですので誤解しないようにお願いします。



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>やっぱり年末はしょうがないですよね。
お互い頑張りましょうー。
そしてちょっとずつでも一緒に漫画を描いていきましょう。
関連記事

オール チャンネル バランス 2009年12月09日 モノクロ少女 トラックバック:0コメント:0

091209nagi.jpg

家に帰って1時間以内に寝ないと明日が死ぬる程度の日常生活。
生きるために働くのか。
働くために生きるのか。
このまんまだと毎日練習スレ復帰はしばらく無理そうです……



拍手ありがとうございますー。
関連記事

右も左もわからない日記。 2009年12月03日 日記 トラックバック:0コメント:0

とっくの昔に自動化され、それゆえに劣化をカバーしきれないマスコミたちのプロパガンダ。
jpg圧縮されたデータなんて今の時代誰も受け取ってくれない。
とはいえ、私達が正しいなんてこともまたあり得そうに無い。
少数派も多数派も正しさなんて保障しない。
例えば、正式な手続きに従い多数決で決定された愚行によって善人が死んで悪人が生き残った――なんてことは日常的な風景過ぎてちょっとした小噺にもなりそうにない。



――低音域から高音域へ、周囲から中央へ、全ての音像が輪郭をシャープに際立たせながらデジタルアンプの論理回路を駆け巡る。

それは早朝の草木の脈動を思わせ、あるいは可視化されたチューリングマシンの活動を思わせる。

国道G号線を直進する。
助手席の『あさな』は退屈そうに外の景色を見眺めている。
ちょっとした手慰めにと渡したiPhoneも彼女の倦怠を埋められなかった。
iPhoneはただの音楽プレイヤーと化しており、Dockに繋げられたFMトランスミッターのケーブルが彼女の指先に絡み付いている。

赤信号で停止する。
彼女の目線の先に焼肉屋の看板がある。
デフォルメ化された牛が笑顔でステーキを食べている絵が描かれている。

「……生きるのがつらい」

いきなり『あさな』がそう言ったので笑いそうになる。
そういう言葉に辿り着いた経緯がなんとなく想像できるからだ。

「牛の共食いのイラストのせい?」
「うん。でも、問題はそんなに単純じゃないんだよ」

『あさな』はポンっと僕の肩を叩く。
信号はまだ赤信号のままだった。

「いい?
まず第一に、人間は動物を殺して肉を食べる。
これはまあしょうがない。勿論、ここを否定するところから始めてもいいけど、それはリアルじゃないよね。
次に第二に、肉料理を提供するお店が存在する。
これもまあ、いいよね。本当はここに『お金』とか『廃棄』とかの要素が絡むから色々と論じる価値はありそうだけど。
第三は、お店が人を呼ぶための広告。
第四は、美味しいお肉を楽しく食べれるよというメッセージをあの1500mm×1000mmの板に表現する手段。
経年劣化を防ぐために、シャープな線とダイナミックで画一的な彩色で描かれたお肉のイラスト。
それを食べるのは人間だけど、あえてちょっとずらして牛にフォークを持たせてステーキを食べさせた。
目は上半分のみを残した綺麗な円弧。
牛が牛を食べているという恐ろしい絵だけど、そう感じさせないポップな描画」

信号が青になり、僕はアクセルを踏み始める。
彼女の言葉は僕の頭になかなかすんなりと入ってこない。
脳内アイデアメモみたいにノイズだらけで論理が横滑りし続けているせいかなと思う。

「勿論、誰にも罪は無いんだよ。
この図案を考えた人も、プリントした人も、見た人も、私達も。
でも、おそらくは絶対的には罪なんだよ。これは悪魔的な絵なんだよ」
「……はあ」
「こんな絵をさらりと見流してしまう私達は生きてちゃいけないんだよ。
と、私は思ったので、生きるのがつらいと感じました」
「なるほど。エロゲ絵師のくせに考え方が純粋だな」
「ちょッ!」

彼女は僕のわき腹に中指を突き刺す。
そして、低い声で言う。

「……私はエロゲ絵師じゃない。萌え絵師だよ。間違えちゃだめ」



とにかく、変わらなくてはならない。
夏休み明けに背伸びをして登校するような『夏休みデビュー』のような子供騙しでもいい。
部屋を掃除するとか、携帯のお気に入りを整理するとか、早起きするようにするとか、長々続けているMMOから撤退するとか、なんでもいい。
とにかく、少し気分の違う朝を迎えるということが大切だ。



塩化ビニールの円盤、すなわち、レコードは市場から消えた。
VHSって何のことだったっけ? という時代。

――今、目の前にある、ほとんどのものは今後数年で消滅する。

そのような時間の裁断機を通過して、それでもなお形状を維持し続けるものとは何か、ということをしっかりと考えなくてはならない。



最近、新聞に載っている数字がインフレしまくっている。
追加経済対策の20兆円の凄さがよくわからないので、漢字を数字にしてみる。
20000000000000円。

……なおさらよくわからない。
関連記事

とにかく漫画が描きたい。 2009年12月01日 漫画 トラックバック:0コメント:0

091201yg.jpg

仕事をしながら漫画のことばかり考えている。
(実際には漫画を描く暇など微塵も無い)

おそらく、漫画表現にはまだイノベーションの余地がある。
3DCGと物理演算がそれに相当する。

複雑な構造のビルが崩壊していくのを背景に、叙情的な会話シーンを描写したい。
それを時間内に描き切るには3DCGが必要だ。
今、その3DCGは誰にでも扱える。
時間さえあれば、その前人未踏の地へ、今や誰でも辿り着ける。



拍手ありがとうございますー。

拍手返信>いやいや、何を謙遜してるんですか!
私はあなたのブログを毎日楽しみにしてるんですよ?
さあ早く、アナニンについて詳細な説明をお願いします(キリッ
関連記事