普通日記 2015年05月31日 日記 トラックバック:0コメント:0

特に書くネタがなくても更新していくスタイルでいきたいと思います。

⚫︎

<近況>

・ingress熱がちょっと冷めた。
  →レベル上げがモチベーションの源だったので、ある程度レベルが上がってくると
   作業感が強くなってきます。
   周りのエージェントと連携を図って…というほどアクティブじゃありませんし、
   まあ、とりあえずここら辺で一旦休憩しておくかという感じです。

・AppleWatchを買った。
  →買うか買わないか迷っていましたが、常に頭の片隅に『欲しい感』があったので買いました。
   通知とアクティビティがメインなのでいい感じです。
   このAppleWatchに相応しいアプリケーションは何か、というのが他人事として考えるには面白い問題です。
   現時点でサードパーティー製作のアプリが色々ありますけれど、なかなか苦戦しているような雰囲気です。
   GTDはthingsのように残りタスクを表示して完了したら褒めてあげる、というのが一つの最適解でしょう。
   evernoteはノートの一部を見せてくれますが、今の段階の形では使い道があるか難しいところです。
   (evernoteのリマインダーとノートの関係をどう折り合いをつけていくかが一つの問題なような感じです)
   ゲーム系は今のところ、なかなか難しい感じです。
   放置系ゲーム(たまごっち、なめこ育成、クラッシュ オブ クランなど)が今のところは合致している感じですが、
   それ以外の既存のゲームは難しいようです。
   AppleWatchのキラーソフト的な存在となるには、おそらくはingressをAppleWatchに最適化したような
   拡張現実ゲームか、あるいはアクティビティをゲーム化したようなライフログゲームがいいのかなとか思います。
   後者の意味では任天堂のQOLゲームは面白いと思います。睡眠時間、睡眠クオリティでゲームするってのは面白いです。
   旧来型のタバコ臭いゲームセンターでゲームをしたり、睡眠時間を潰してMMOしたり、残虐的な物理演算のFPSをするよりずっと面白いと思います。

・ピアノを練習している。
  →世の中に色々な楽器があるけれど、どこでも入手できて、かつ、表現力のある楽器といえば
   ピアノではないかと思います。
   なので、ピアノがある程度弾けるようになりたい。
   ささっと久石譲やファミコンの音楽が弾けるようになりたい。
   ファミコン音楽がピアノでささっと弾けるスキルは今後重要なのではないか。
   妄想をちょっと書いてみる。




老人とファミリーコンピューター

私は全国各地の老人ホームを行脚して、ピアノ演奏で老人たちの心を癒すのが仕事だ。

1970〜1980年代生まれの彼・彼女らの心にダイレクトに響く音楽は何か?
それは『ファミコン』の音楽である。

ステージからは老人たちの顔が見える。
ファミコン世代と呼ばれる老人たち。
若いときはちょっとした会社の社長だったり、当時流行だったウェアラブルコンピュータ関係の仕事を
していたりしていたりした人たちも、今は皺だらけの、若干認知症の進んだ老人たちになっている。

大変な人生でしたね。
本当にお疲れ様でした。

今となっては恐ろしく古いあの時代に全盛期を生きたあなたたちも、
もう、今まさに、人生の終わりを迎えようとしているのです。

私はピアノを弾き始める。
フットペダルを踏み、ファミコン音源エフェクタをONにする。

ドラゴンクエストの『Love Song 探して』を演奏する。

この曲だけで殆どの老人たちの心を掴めることを私は知っている。
ファミコン音源のチープな音質を再現すればするほど、老人たちの涙腺が緩んでいくのだ。
低音域のリズムと高音域の泣きのメロディーが老人たちの青春時代を呼び覚ましていく。

無気力で車椅子に座っていて表情を失っている老人が、突然、目と口を大きく開き、次の瞬間には痙攣し、号泣する。
シワがれた細い悲鳴のような声を上げ、涙を流し始める。

ブラウン管のテレビ。
アンテナ線に噛ませたファミコンの出力ケーブル。
ふっかつのじゅもん。
畳の匂い。風鈴の音。夏休みに早起きしてノートを開いた。日本語になっていない、ひらがなの羅列。

すすり泣きが聞こえる。
老人たちの脳みその奥深くに眠っていた過去の記憶が単純な矩形波の上下によって鮮明に蘇る。
あの時代。あの懐かしい子供時代。あるいは大学時代。
音源はチープであればあるほど、当時の音像そのものであればあるほど、彼らはタイムスリップしていく。

続いて、
グラディウス
ゼルダの伝説
マリオブラザーズ
ファミコン版 ドラえもん
ファミコンウォーズ
ファイナルファンタジー
などを弾いていく。

知らない曲もあるかもしれないが、もはや老人たちはファミコン音源の響きだけで泣けるのだ。
ノイジーなリズムと伸びのある鋭い高音が脳みその深いところと共振する。

穏やかな顔で、あるいは、悲痛な顔で、老人たちは涙を流し続ける。

レクイエム。鎮魂歌。
いつもそんなイメージを思い浮かべる。
老人たちの魂が浄化され、穏やかな気持ちになり、救済されていく。

(中断)




・引き算が重要である。
  →色んな意味で引き算が重要だと思います。あれもこれもはできない。
   足し算は、ある意味、簡単で安易にできることです。
   AppleWatchでmicroSoftのexcelを移植しようと思えばできるでしょうが、あまり価値がありません。
   本当に重要なものだけを残す。本質は何かを常に問いかけたい。
  (こういう自己啓発本みたいな文章自体がいらない可能性が高い)

・相変わらず白羽衣つむぎさんが可愛いすぎる。

⚫︎

拍手ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nana252.blog49.fc2.com/tb.php/911-c42633ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)